スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光永囲碁教室のご案内

日時: 毎週火曜日(祝日を除く) 
     午後2時~5時

場所: 日本棋院本院三階

対象: 5級から4段程度

内容: ★主に生徒の実戦を題材にした講義 (1時間)
     ★対局または指導碁 (1時間30分)
     ★後半の講義 (30分)
    ◎毎週詰碁や手筋の宿題があります。

月謝:14000円(月4回)

連絡先:(03)3900-7743 またはjmitsunaga@gmail.comまで

和やかな雰囲気で勉強しています。
一度見学にいらしてください。
スポンサーサイト

生徒同士の実戦の一場面です。今黒が▲に守って右上隅を地にしたところです。次の白の一手で逃せない急所があるのですが、どこでしょうか?気づきにくい手かもしれません。

打ちにくく見えるかもしれませんが、白1のブツカリが正解で、逃せない急所です。黒2は当然ですが、白3のハネから右辺を大きく侵食することができます。このように先手で右辺の白を安定させ、黒地を小さくしてから左辺7の大場にまわれば、白がうまく立ち回った印象です。

実戦は単に左辺に白1とツメました。ここで黒も他に打ったのですが、もし黒2とブツカっていたら黒がはっきり打ちやすくなるところでした。右上一帯の黒地が大きく固まりますし、何より次に黒aにハネて白の眼を奪う手段があり、白は困ります。正解図との差は歴然ですね。

生徒同士の実戦の一場面です。上辺の白模様が気になって黒1から消しに向かったところですが、白6のツギのあと、黒はどのように守るのが正しいでしょうか?
プロフィール

Author:光永淳造
日本棋院棋士 
昭和49年8月6日生
岡山県出身
平成10年東京大学理学部卒業
平成11年入段、平成15年五段

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。